第三銀行カードローンって良いの?どうなの?

第三銀行カードローンキャプチャ
紀伊半島の三重県には「第三銀行」という第二地銀があり、地方銀行の三重銀行より規模が大きくなっています。

第三と言う漢数字の名前にはなっていますが、他の漢数字名の銀行とは違って明治時代の国立銀行の名前に由来しているわけではなく、旧相互銀行時代の名前を引き継いでいます。

第三銀行には「SUN」と「エグゼクティブOne」という2つのカードローンがあります。

SUN

利用条件は第三銀行の営業エリア内に在住か、勤務していることです。パート・アルバイト、専業主婦、年金生活者でも利用できます。

貸出限度額は500万円、金利は6.8~14.5%です。金利の詳細は利用限度額が90万円までの場合14.5%、100万円~190万円が12.8%、200万円~290万円が9.8%などとなっており、ほぼ都市銀行並みと言えます。

申込はホームページからもでき、審査に通ると契約書類が送られて来るので必要事項を記入して返送すると、カードが届きます。店舗に行かなくても済むので手間が掛かりません。電話、FAX、郵送、店舗での申込も可能です。

借入はATMから行いますが、第三銀行の他、みずほ銀行やイオン銀行などの提携金融機関、コンビニのセブンイレブン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できます。

約定返済は毎月6日の第三銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高が20万円以下で5千円、20万円超50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で2万円、100万円超200万円以下で3万円などとなっています。

なお、任意返済ではATMや店頭窓口からの入金も可能です。

エグゼクティブOne

利用条件は第三銀行の営業エリア内に在住か、勤務していることの他、年収が400万円以上、第三銀行を給与振込口座に指定、第三銀行のカードローンを利用、のいずれかの条件をクリアしていなければなりません。

借り換え用としても利用可能と謳っており、金利の低さから十分に利用価値があります。

また、消費者金融の「おまとめローン」とは違い、繰り返しの借入が自由です。なお、一括借入・分割返済専用の「証書貸付」タイプ(金利、4.1~7.1%)もあります。

利用限度額は100万円・200万円・300万円・400万円・500万円の5コースがあり、300万円コースは年収500万円以上、400万円コース以上は年収700万円が必要です。

金利は4.4~8.6%と非常に低くなっています。そのため、当然ながら消費者金融の審査よりも断然に厳しく、勤続年数が長く、年収が高くなければまず借りることは難しいでしょう。

申込はホームページからもできますが、契約手続きは店舗で行います。

借入・返済方法はSUNと変わりなく、約定返済額は借入残高が100万円の時に2万円で、以降借入残高が100万円増えるごとに返済額が1万円ずつ増額されます。

カードローン申込みから審査までの流れ

カードローンではお申し込みすると審査が開始され、審査に受かった方だけがご利用することが出来ます。

当然、審査に受からなかった方はお金を借りることが出来ないです。

審査ではなりすましでお申し込みされないようにお申込者が本人であるかどうかをチェックしています。

運転免許証や各種健康保険証、パスポートなど本人確認書類の提出が求められます。

さらにお申込者が貸し付けたお金を返済できるかどうかをチェックしています。

もし返済能力の足りないお申込者にお金を貸し付けると、後で返済に困ってしまい回収できなくなるリスクが高まります。

そのため源泉徴収票や確定申告書、給与明細書など収入証明書類の提出が求められます。

本人確認書類は必ず提出しないといけませんが、収入証明書類はご希望限度額が低い方や他社からの借入額が少ない方は提出不要になるカードローンが多いです。

さらにお申込者が申告された勤務先にご本人が在籍しているかどうかチェックしています。

勤務先に会社名ではなくオペレーターの個人名で勤務先に電話をかけてきて、誰々さんはいますかと連絡してきます。

勤務先の人に知られないように配慮してくれるので、勤務先に電話がかかってくるとは言っても安心です。

しかし会社によって普段個人名で電話がかかってこない場合は勘付かれる可能性はあります。

カードローンの審査はだいたいこんな感じです。難しいように聞こえるかもしれませんが、すべてマニュアルがあって、審査をしているのはパートやアルバイト社員です。

最終的な決裁は当然正社員の人が見て、判断しますが、マニュアルによる流れで、審査の大部分は決まっていると言っても良いでしょう。

カードローン審査をするならばまずこの流れを知ってから申込みするのと、しないのとでは大きな違いが出てきます。

カードローン審査の傾向と対策を練るならば、多くのカードローン会社の審査条件を網羅する必要が出てきます。銀行カードローンならバンクイック、オリックス銀行が有名ですが、必ずしも両社の審査の傾向と対策が同じではないのです。

オリックス銀行カードローンは主婦でも借りられますか?

オリックス銀行カードローンは主婦でも借入できるか?検索結果でよくあるのは、「オリックス銀行カードローン 主婦」というキーワードです。

これは、オリックス銀行カードローンが主婦でも融資を行っているのかどうか?を知りたい人が調べているワードと言えます。

結論から言うと、今の段階ではオリックス銀行カードローンは主婦に対して融資を行っていません。

申し込み条件を見れば分かりますが、申込み条件は前年度の収入が200万円以上の人となっており、主婦や学生、専業主婦は対象外となっているのです。

しかし、パートやアルバイトなどの収入が200万円を超えている主婦の人であれば、申込み可能ですが、主婦の人は、夫の扶養に入る為に年収を103万円以下に抑えている人が多く、主婦で年収200万円を超えている人はほとんどいないと言っても良いでしょう。

すなわち、今はまだオリックス銀行カードローンでは借りられないと言うことです。

今後はまだ分かりません

今はまだ借りられないと言ったのは、今後はもしかしたら、主婦でも申込み可能になるかもしれないということです。オリックス銀行カードローンは総量規制対象外の為、専業主婦でも本来は融資すること自体、問題はありません。

現に、消費者金融で貸付できない層である、専業主婦に対して、バンクイックやみずほ銀行カードローンなどは積極的に融資を行っています。

その為、もしかしたらオリックス銀行に関しても今後主婦層に向けて融資を行っていく可能性が無いわけではありませんが、それがいつになるのかは不明で、もしかしたら、このまま主婦はずっと申込み対象外となるのかも知れません。

質問のオリックス銀行カードローンは主婦でも借りられますか?という答えは、今時点は借りられませんと言うことになります。

配偶者同意貸付とは?

配偶者同意貸付という言葉を専業主婦の方は聞いたことがあるかもしれません。

配偶者同意貸付とは、専業主婦やパートの主婦など、総量規制の年収規制によって借りられない人が借りられるようにする貸金業法の条件融資制度のことです。

ご存知の通り、総量規制は年収の3分の1の為、年収が無い人や少ない人は消費者金融から借りることができません。

しかし、配偶者に安定的な収入があれば、配偶者の同意を取って、貸付可能にする総量規制例外貸付が可能となっているのです。

配偶者同意貸付はあまりおすすめしません!

配偶者同意貸付は、収入が無い専業主婦でも借りることができますが、おすすめはあまりできません。

なぜなら、条件として、配偶者の同意が必ず必要となりますので、内緒で借りることができないからです。同意というのは、書面での同意や口頭によっての同意も必要です。

同意が得られたなら、配偶者の信用情報も消費者金融によって、調べられますので、簡単な同意では無理ですので、配偶者に同意をもらったと嘘が付けるようなレベルではありません。

大体は、配偶者の本人確認書類を提出し、勤務先などの申込み書を記載、そして、口頭と書面での同意を確認するので、ほとんど保証人みたいなレベルになっています。

ここまでしないといけないのならば、配偶者にいっそのこと申込みしてもらった方がかなり審査も早く、提出書類も少なくすむのです。

婚姻関係を示す書類(戸籍謄本)なども用意する必要はありません。

消費者金融でどうしても借りたいと思って、配偶者同意貸付を検討しているならば、銀行カードローンへ申込みした方が断然にメリットが高いです。

銀行カードローンなら配偶者の同意は必要ありません。ただ、配偶者に安定的な収入があれば審査は通るでしょう。そして消費者金融即日融資と違って、銀行は即日融資対応がなかなかできないことがデメリットと言えますが、配偶者に借入の事実を話すよりはよっぽどいいと思います。

主婦は消費者金融から借りられるのか?

消費者金融主婦の写真
主婦でお金を借りたいと思うときはけっこうあると聞きます。多くの家庭では主婦の奥さんが家計管理をしており、夫の給料が少なかった月などは、家計のやりくりが大変なのです。

もし、主婦の人が5万~10万円をどうしてもキャッシングしたいと思った時、消費者金融から借りられるのか?と疑問に思うはずです。

昔までは主婦の人でも問題なく、消費者金融から借入ができていました。しかし、ここ数年前に法律が変わって、今主婦の人が借りるには非常に厳しい環境となっているのです。

パートやアルバイトをしている主婦の場合

主婦でも、パートやアルバイトをしている人ならば、消費者金融から借りることは、そんなに難しくはありません。

毎月扶養の範囲内で働いている人(年間103万円まで)は、103万円の1/3まで消費者金融で借りることができます。

消費者金融は2011年の総量規制によって、借入は年収の3分の1未満と決められてしましました。その為、年収103万円の人は、1/3の、34万円までは借りることができます。

専業主婦の場合

パートやアルバイトもしていない、専業主婦の場合は、残念ながら消費者金融では借りることができません。

例え配偶者に大きな年収があったとしても、総量規制はあくまで、申込者の年収としているからです。専業主婦は自分自身の収入が0円なので、消費者金融では2011年より借りられなくなったのです。

では、専業主婦の人がキャッシングするには、どうすればいいのか?それは、銀行カードローンに申込みすることです。

銀行カードローンは消費者金融と違い、法律も別になっているので、年収3分の1はありません。又、配偶者に安定的な収入があれば、銀行カードローンなら融資を受けることもできるのです。

その為、専業主婦は消費者金融では無く、銀行カードローンに申込みすることがベストな選択肢なのです。(出典:http://www.dogmabars.com/)