配偶者同意貸付という言葉を専業主婦の方は聞いたことがあるかもしれません。

配偶者同意貸付とは、専業主婦やパートの主婦など、総量規制の年収規制によって借りられない人が借りられるようにする貸金業法の条件融資制度のことです。

ご存知の通り、総量規制は年収の3分の1の為、年収が無い人や少ない人は消費者金融から借りることができません。

しかし、配偶者に安定的な収入があれば、配偶者の同意を取って、貸付可能にする総量規制例外貸付が可能となっているのです。

配偶者同意貸付はあまりおすすめしません!

配偶者同意貸付は、収入が無い専業主婦でも借りることができますが、おすすめはあまりできません。

なぜなら、条件として、配偶者の同意が必ず必要となりますので、内緒で借りることができないからです。同意というのは、書面での同意や口頭によっての同意も必要です。

同意が得られたなら、配偶者の信用情報も消費者金融によって、調べられますので、簡単な同意では無理ですので、配偶者に同意をもらったと嘘が付けるようなレベルではありません。

大体は、配偶者の本人確認書類を提出し、勤務先などの申込み書を記載、そして、口頭と書面での同意を確認するので、ほとんど保証人みたいなレベルになっています。

ここまでしないといけないのならば、配偶者にいっそのこと申込みしてもらった方がかなり審査も早く、提出書類も少なくすむのです。

婚姻関係を示す書類(戸籍謄本)なども用意する必要はありません。

消費者金融でどうしても借りたいと思って、配偶者同意貸付を検討しているならば、銀行カードローンへ申込みした方が断然にメリットが高いです。

銀行カードローンなら配偶者の同意は必要ありません。ただ、配偶者に安定的な収入があれば審査は通るでしょう。そして消費者金融即日融資と違って、銀行は即日融資対応がなかなかできないことがデメリットと言えますが、配偶者に借入の事実を話すよりはよっぽどいいと思います。