Category地方銀行カードローン

青森銀行カードローンってどうなの?金利や審査は?

aogin
東北地方の地方銀行では宮城県にある大手の七十七銀行が圧倒的に強く、その他の県の地方銀行は売上規模では七十七銀行の半分に及びません。

売上で2番目に位置するのは福島県の東邦銀行で、3番手が青森県にある青森銀行です。青森銀行には「ポチカ」、「あおたす」、「Aキャッシング」と言う3つのカードローンがあります。

なお、収入証明書の提出が全カードローンとも不要です。

ポチカ

利用するには青森銀行の口座が必要となるため、無い場合は申込と同時に開設しなければなりません。貸出限度額は300万円で、10万円から300万円の間に9つの利用限度額のコースが設けられています。

金利は70万円コースまでは14.5%と都市銀行並みですが、100万円から200万円コースは14.0%、250万円から300万円コースは11.2%とかなり割高になるため、あまり利用するメリットがありません。

申込はホームページ、契約は郵送で行うため、店舗に行く必要がありません。

借入は青森銀行の他、ゆうちょ銀行などの提携金融機関、コンビニのセブンイレブン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できるため、使い勝手は良くなっています。

約定返済は毎月5日の青森銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高が10万円以下の場合に2千円、10万円超30万円以下で5千円、30万円超50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で2万円と、100万までは返済額が細かく設定されているため、支払いが楽になります。

なお、ポチカには自動融資サービスが付いており、公共料金などの決済時に口座に残高が不足している場合はポチカから自動的に不足額が入金されます。

あおたす

青森銀行の営業エリア内に在住か勤務していれば、パート・アルバイト、専業主婦、年金生活者でも利用可能です。

貸出限度額は500万円で、10万円から500万円の間に利用限度額が13コースあります。金利の設定がポチカとほとんど変わらず、利用するなら100万円までにしておくのが得策です。

申込はホームページ、FAX、郵送でできますが、仮審査に通った後、店頭窓口で正式な申込手続きをしなければなりません。

借入や返済方法はポチカと同じですが、約定返済額が違っており、借入残高が50万円以下の場合1万円、50万円超100万円以下で2万円、100万円超150万円以下で3万円、150万円超200万円以下で4万円などとなっています。

なお、希望すると、自動融資サービスが受けられます。

Aキャッシング

保証会社が違うだけで、あおたすと内容は変わりません。保証会社はあおたすがあおぎんカードサービスで、Aキャッシングはアコムです。Aキャッシングの方の手続きが速くなっています。

地方銀行のカードローンでスペック的に有名都市銀行と同等か上回っているのは、なかなかありません。静岡銀行カードローンセレカや横浜銀行カードローン、千葉銀行などはスペック的に同等もしくはそれ以上になっていますが、数ある地銀カードローンでもそれぐらいしかありません。

地銀まで入れたカードローンの種類は山ほどありますので、「お金を借りる おすすめ」などの言葉でヤフーやグーグルで調べれば、いろいろなカードローン比較サイトが出てきますので、そこで選んだ方が良いと思われます。

第三銀行カードローンって良いの?どうなの?

第三銀行カードローンキャプチャ
紀伊半島の三重県には「第三銀行」という第二地銀があり、地方銀行の三重銀行より規模が大きくなっています。

第三と言う漢数字の名前にはなっていますが、他の漢数字名の銀行とは違って明治時代の国立銀行の名前に由来しているわけではなく、旧相互銀行時代の名前を引き継いでいます。

第三銀行には「SUN」と「エグゼクティブOne」という2つのカードローンがあります。

SUN

利用条件は第三銀行の営業エリア内に在住か、勤務していることです。パート・アルバイト、専業主婦、年金生活者でも利用できます。

貸出限度額は500万円、金利は6.8~14.5%です。金利の詳細は利用限度額が90万円までの場合14.5%、100万円~190万円が12.8%、200万円~290万円が9.8%などとなっており、ほぼ都市銀行並みと言えます。

申込はホームページからもでき、審査に通ると契約書類が送られて来るので必要事項を記入して返送すると、カードが届きます。店舗に行かなくても済むので手間が掛かりません。電話、FAX、郵送、店舗での申込も可能です。

借入はATMから行いますが、第三銀行の他、みずほ銀行やイオン銀行などの提携金融機関、コンビニのセブンイレブン、Enet(ファミリーマート、サンクス他)のATMが利用できます。

約定返済は毎月6日の第三銀行口座からの引き落としで、約定返済額は借入残高が20万円以下で5千円、20万円超50万円以下で1万円、50万円超100万円以下で2万円、100万円超200万円以下で3万円などとなっています。

なお、任意返済ではATMや店頭窓口からの入金も可能です。

エグゼクティブOne

利用条件は第三銀行の営業エリア内に在住か、勤務していることの他、年収が400万円以上、第三銀行を給与振込口座に指定、第三銀行のカードローンを利用、のいずれかの条件をクリアしていなければなりません。

借り換え用としても利用可能と謳っており、金利の低さから十分に利用価値があります。

また、消費者金融の「おまとめローン」とは違い、繰り返しの借入が自由です。なお、一括借入・分割返済専用の「証書貸付」タイプ(金利、4.1~7.1%)もあります。

利用限度額は100万円・200万円・300万円・400万円・500万円の5コースがあり、300万円コースは年収500万円以上、400万円コース以上は年収700万円が必要です。

金利は4.4~8.6%と非常に低くなっています。そのため、当然ながら消費者金融の審査よりも断然に厳しく、勤続年数が長く、年収が高くなければまず借りることは難しいでしょう。

申込はホームページからもできますが、契約手続きは店舗で行います。

借入・返済方法はSUNと変わりなく、約定返済額は借入残高が100万円の時に2万円で、以降借入残高が100万円増えるごとに返済額が1万円ずつ増額されます。