カードローンではお申し込みすると審査が開始され、審査に受かった方だけがご利用することが出来ます。

当然、審査に受からなかった方はお金を借りることが出来ないです。

審査ではなりすましでお申し込みされないようにお申込者が本人であるかどうかをチェックしています。

運転免許証や各種健康保険証、パスポートなど本人確認書類の提出が求められます。

さらにお申込者が貸し付けたお金を返済できるかどうかをチェックしています。

もし返済能力の足りないお申込者にお金を貸し付けると、後で返済に困ってしまい回収できなくなるリスクが高まります。

そのため源泉徴収票や確定申告書、給与明細書など収入証明書類の提出が求められます。

本人確認書類は必ず提出しないといけませんが、収入証明書類はご希望限度額が低い方や他社からの借入額が少ない方は提出不要になるカードローンが多いです。

さらにお申込者が申告された勤務先にご本人が在籍しているかどうかチェックしています。

勤務先に会社名ではなくオペレーターの個人名で勤務先に電話をかけてきて、誰々さんはいますかと連絡してきます。

勤務先の人に知られないように配慮してくれるので、勤務先に電話がかかってくるとは言っても安心です。

しかし会社によって普段個人名で電話がかかってこない場合は勘付かれる可能性はあります。

カードローンの審査はだいたいこんな感じです。難しいように聞こえるかもしれませんが、すべてマニュアルがあって、審査をしているのはパートやアルバイト社員です。

最終的な決裁は当然正社員の人が見て、判断しますが、マニュアルによる流れで、審査の大部分は決まっていると言っても良いでしょう。

カードローン審査をするならばまずこの流れを知ってから申込みするのと、しないのとでは大きな違いが出てきます。

カードローン審査の傾向と対策を練るならば、多くのカードローン会社の審査条件を網羅する必要が出てきます。銀行カードローンならバンクイック、オリックス銀行が有名ですが、必ずしも両社の審査の傾向と対策が同じではないのです。